中腰の姿勢はなぜ腰痛になる?



中腰の姿勢を長く続けていると、腰が痛くなることが多いです。

なぜ中腰の姿勢を続けると腰が痛くなるのか?

腰に負担がかかるから?

腰の筋肉の疲労?

大腰筋が縮んでいるから?

骨盤の歪みが関係しているから?

などと、その理由としていろいろ言われています。

中腰の姿勢による腰痛はふくらはぎに原因があります

どれも本当の理由ではありません。

ではなにが理由なのでしょうか?

意外なところに理由があります。

それは、ふくらはぎの筋肉に原因があります。

ふくらはぎの筋肉は、腓腹筋とひらめ筋があります。

そして、中腰の姿勢で腰が痛くなるのはひらめ筋が関係しています。

ひらめ筋が硬くなっていると、腰が痛くなります。

では、ひらめ筋が硬くなっているから、柔らかくするためにストレッチなどをすれば対策になるかと言うと、そうとは言えません。

ストレッチでひらめ筋をほぐしても、すぐに元に戻ってしまうからです。

なぜひらめ筋が硬くなっているかを考えて対処しないと、ストレッチなどで対処しても意味がありません。

ひらめ筋は、内臓の影響(内臓筋肉反射)を受けて硬くなっています。

ですから、ひらめ筋に関連している内臓に対して対処すれば、中腰の姿勢による腰痛も改善していきます。


斉藤施療院

電話:
0574‐65‐4279
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
施術時間 
9:00~12:00
14:00~21:00
定休日 水曜日
住所 岐阜県可児市今496-7

コメント

このブログの人気の投稿

腰痛はストレッチをすると良くなる?

筋トレで腰痛が改善する?