腰痛は温めると良くなる?



温熱療法という方法があります。

温熱療法によって腰の痛みのある部分を温めると、血液循環が良くなり筋肉の緊張も緩和して腰の痛みが改善するという理論です。

ただし、炎症がある場合は、温めると炎症が増すため一時的に痛みが悪化するようです。

しかし、冷湿布を貼るよりは温めた方が回復が早いようです。

腰痛は腰を温めるよりも原因の部分を温めた方が効果が長続きする


腰痛は温めると良くなるというような本が出ています。

温めること自体に効果があるような宣伝文句ですが、痛みのある腰の部分を温めることは、マッサージをすることと同じで対症療法ですから効果は長く続きません。

温めること自体はマッサージ、ストレッチ、鍼と同じように体を調整するための手段にすぎないのです。

痛みのある部分ではなくその原因の部分を温めれば、対症療法ではありませんから効果が長く続くでしょう。

ですから、温めること自体が大事なのではなく、どこの部分を温めるかということが大事なのです。

例えば、腰痛が腎臓、腸などからの影響で症状が出ているのなら、痛みのある腰の部分に使い捨てカイロを貼るよりも、腎臓、腸の部分に貼ったほうが効果が長続きするでしょう。


斉藤施療院

電話:
0574‐65‐4279
施術料金
初回 4500円
2回目以降 3500円
施術時間 
9:00~12:00
14:00~21:00
定休日 水曜日

住所 岐阜県可児市今496-7

コメント

このブログの人気の投稿

腰痛はストレッチをすると良くなる?

中腰の姿勢はなぜ腰痛になる?

筋トレで腰痛が改善する?