尿漏れでお困りの方

樹木


尿漏れと骨盤の歪みは関係ある?

尿漏れは、骨盤の歪みは関係があると謳っている整体院があります。

そして、骨盤の歪みを正すと、臓器が本来の位置に戻るため、尿の漏れも改善すると言っています。

しかし、骨盤の歪みを正しただけでは、臓器の位置はそんな早く変わることはありません。

骨盤を調整すると、神経が刺激されるため、骨盤周りの筋肉の緊張が和らぎますので、体にいい影響を与えますので、尿漏れの症状も改善するかもしれません。

でも、神経を刺激した場合は、あまり持続性がありません。

症状の改善の持続性を高めるためには、神経を刺激するのではなく、別の方法で調整する必要があります。

その方法は、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーの調整です。

“気”の流れが滞ると、体の機能に影響して低下して、いろいろな症状が出ます。

現在、ネット上や本などには骨盤底筋の低下が、尿漏れに関係しているとして、エクササイズなどが公開されています。

確かに、骨盤底筋の低下が、尿漏れに関係していることは間違いありません。

ですから、エクササイズをすれば、症状に変化が出るかもしれません。

しかし、エクササイズなども神経を刺激する方法ですから、症状が改善されることは難しいかもしれません。



関市、土岐市、江南市、瀬戸市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

摂食障害

摂食障害には、拒食症と過食症があります。

拒食症は、食事をほとんど摂らなくなります。

逆に、過食症は、過剰に食事を摂りやめられなくなる状態です。 

原因

摂食障害は、一般的に心の問題が原因して起こる食行動の障害だとされています。

しかし、当院では心の問題ではなく、体の機能の低下によって、脳にある食欲をコントロールする食欲中枢(満腹中枢と摂食中枢)が上手く働かなくなるため、食べたり食べなかったりといった状態におちいると考えています。

ところで、摂食障害は、脳内神経伝達物質の異常が関係しているという説もあります。

ですが、脳内神経伝達物質の異常は結果であって、本当の原因は、東洋医学で言われる“気”というエネルギーの滞りにあります。

“気”の滞りが、脳内神経伝達物質に影響を与えて、摂食障害という症状が出ているわけです。

摂食障害の対処

上記したように、摂食障害は、“気”の滞りによって起きていますので、当院では“気”の滞りを整える調整を行って、対応しています。

以前、ある女性が来られたのですが、その方はダイエット願望が強く、過食症がありました。

過食症でも、過食して嘔吐するタイプです。

2回ほどの施術をした結果、以前は食べたいという欲求が強かったそうですが、施術をしたことによって、自律神経のバランスが良くなって 無性に食べたいという欲求が減ったそうです。

そして、気持ちの変化も起きました。

以前は、前向きに考えることができずに行動がセーブされていたようですが 気持ちの変化により前向きな気持ちになり行動にも積極性が出てきたということです。



関市、土岐市、江南市、瀬戸市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ

仙腸関節痛

骨盤の矯正が腰痛や肩こりなどの症状改善に有効だということで、多くの整体、カイロプラクティック院などで施術が行われています。

しかし、いくら骨盤の矯正が有効だからと言って、単に骨盤周り、足などの筋肉を調整してほぐしたり、腸骨を調整したとしても、症状の改善はしにくいのです。

“気”の流れの滞りを整えると仙腸関節も調整される

というのは、筋肉の調整、腸骨を調整では、骨盤にある仙骨と腸骨の関節である仙腸関節が調整されないからです。

仙腸関節は、動きが悪くなると、腰痛、肩こりなどの症状が出ると言われています。

しかし、一般にやられているのは、ただ単に骨盤全体のねじれを調整しているだけです。

骨盤全体のねじれを調整したとしても、一時的に症状が楽になるだけです。

調整するべきなのは、仙腸関節の動きを回復させることです。

仙腸関節の動きが悪くなると、いろいろな症状が出るのは、内臓の機能が低下するためです。

内臓と筋肉は、関連性があるため、内臓の機能が低下するとその影響で筋肉の緊張が強まりいろいろな症状につながるわけです。

そして、内臓の機能が低下は、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

ですから、一番大事なことは、“気”の流れの滞りを整えることなのです。

“気”の流れの滞りを整えると、仙腸関節も調整され動きを回復させることができます。

 

仙腸関節の動きと症状の関係

“気”の流れの滞り

仙腸関節の動きが悪くなる

内蔵機能の低下

筋肉の緊張が強くなる

腰痛、肩こりなどの症状



関市、土岐市、江南市、瀬戸市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ

「好転反応」と「揉み返し」

東洋医学では「好転反応が出ないと効果がない」とまで言われています。よくマッサージなどで強く揉んでもらって、あくる日に痛みなどが出ますが、あれは「好転反応」とは言いません。

「好転反応」だと説明する先生もいますが、ただの「揉み返し」と言われる現象です。「揉み返し」というのは、筋肉の繊維が損傷して痛みが出ているだけなのです。

好転反応と揉み返しは全く違うもの

ですから、「好転反応」と「揉み返し」は全く別物です。マッサージをして「揉み返し」が出ても体が良くなっていくことはありません。その時だけの効果ですから、何十回何百回マッサージを受けても体はそのままです。

一方「好転反応」が出ると、徐々に体が変わって良くなって行きます。「好転反応」は、たいてい過去に捻挫をした部分とか、調子が悪かった部分また調子が悪かった部分に関連した所に出やすいです。

ひとつお断りしておきますが、慰安目的のマッサージの事を指しますので治療目的のマッサージをやられる先生の施術では「揉み返し」は起こりづらいと思いますので安心して下さい。

無痛整体と名乗っている整体院が多くなりました

無痛整体という名前が出始めたのは、約20年位前でしょうか。私はその頃から無痛整体と名乗っています。今でこそ無痛整体と名乗るところが増えましたが、その当時は数が少なかったです。

無痛整体なら安心というわけにはいかない

無痛整体と名乗る人が増えたのは、力で背骨を矯正されて体を壊された人が多かったからでしょう。

女性はもちろんですが男性でも、そういった背骨矯正に恐怖感を持つ人がいます。特に首の矯正をやられて、ボキボキと音がすれば怖い思いをします。

矯正を受けた時は、スカッとすることもあります。しかし、ボキボキ音をさせる矯正を長期間に渡って受け続けると、体に影響が出てきます。

靭帯が緩んできて、関節がグラグラになるわけです。その結果、矯正を受け始めたときよりも背骨の歪みがひどくなります。そういう状態は、昔からカイロ病と言われています。その影響で、ソフトに施術をする無痛整体が多くなりました。

しかし、無痛整体ならなんでも良いわけではありません。無痛整体だって、施術の仕方が良くなければ、体はおかしくなります。

と言っても、骨をボキボキする方法よりは、影響は少ないです。骨をボキボキやられて車椅子生活になる人がいますが、ソフトに施術した場合は、そこまでひどくなることはありません。

でも、施術者を選ばないと、時間とお金を無駄にします。


寝違えがなかなか良くならない方

寝違え男性

寝違えは、睡眠中に首に負担がかかるような姿勢をしたり、動かし方をした結果、首の筋肉の筋違いを起こし筋肉痛のような痛みが出る症状とされています。?

寝違えの原因

一般的に言われている寝違いの原因

・枕の高さが合わない

・寝ている時、首の筋肉、関節に負担がかかるような姿勢になっている

上のようなことが原因で、首の痛みが出る。

当院の考え方

当院では、寝違えとされる首の痛みは、一般的に言われている原因とは関連がないと考えています。

仮に、枕の高さが合わない・首に負担がかかる姿勢で寝ているという原因で寝違えが起きているとしたら、矛盾が生じます。

というのは、寝ている環境が同じでも寝違えが起きないことのほうが多いです。

逆に、寝違えを起こすことはほとんどなく、たまに起きるだけです。

ですから、寝違えと言われる首の痛みは、別の原因で起きている可能性が高いように思います、

その原因は、内臓からの影響です。

筋肉は特定の内臓と関連があり、内臓の機能が低下すると関連する筋肉が影響を受けて緊張が強くなり、痛みが出ます。

そして、東洋医学で言われる“気”という体の中を流れるエネルギーが滞るため、内臓の機能の低下が起きます。


寝違えが起きるしくみ

“気”の流れの滞り

内臓の機能の低下

関連のある首の筋肉の緊張が強くなる

首の痛み

寝違えの対処

寝違えの一般的な対処法

・消炎鎮痛剤などの薬物療法

・アイシング

・テーピング

・マッサージ、ストレッチなどでの筋肉の調整

上記のような方法は、痛みがある首の部分への対処は、対症療法です。

当院での対処法

当院では、上記したように、寝違えとされる首の痛みの大元の原因は、“気”の流れの滞りにあると考えております。

身体を操作することによって、“気”の調整を行い寝違えに対処しています。



多治見市、犬山市、各務原市、関市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ

鵞足炎(膝の内側の痛み)でお困りの方

鵞足炎(がそくえん)は、膝の内側が痛くなる症状です。

サッカー、テニス、バドミントンなどのスポーツで症状が出やすいと言われています。

鵞足は、膝の内側にある3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)のことです。

鵞足炎の原因

鵞足炎が起きるのは

・ランニングの動作や急激なストップ動作を繰り返す

・膝の曲げ伸ばしを繰り返す

などの動作によって、膝の内側にある3つの筋肉に負担がかかって炎症が起きることが原因とされています。

当院の考え方

上記のような、繰り返し動作をすることによって、筋肉に炎症が起き痛みにつながるとされていますが、当院では別のところに原因があると考えています。

それは、内臓の機能の低下により、膝の内側にある3つの筋肉に影響が出て痛みにつながっています。

膝の筋肉に影響が出るのは、内臓と筋肉は関連があるからです。 

鵞足炎の対処

鵞足炎の一般的な対処としては

・休息をとる

・筋肉をマッサージ、ストレッチなどでほぐして柔軟性を改善させる

・テーピング

・サポーター、インソール

・アイシング

・湿布、痛み止め薬

・電気治療、温熱治療

などがあります。

当院での対処

上記したように、内臓の機能の低下によって、膝の内側の筋肉が影響を受けて痛みが出ていると考えています。

当院では内臓の機能を高める調整によって鵞足炎に対処します。

ところで、内臓の機能の低下は、東洋医学で言われる“気”という体を流れるエネルギーの滞りが関係しています。

当院では、内臓の機能を高める方法として“気”の調整をします。

“気”の調整というと、気功をすると思われるかもしれません。

でも、当院の“気”の調整は、気功ではありません。

気功は、術者の“気”のパワーを使いますが、“気”のパワーを使った場合、術者の体調に施術結果が左右されてしまうのです。

一方、当院では身体操作をして“気”の流れを良くします。

身体操作で“気”の調整をした場合は、体調に左右されませんので、施術結果が安定しています。



関市、土岐市、江南市、瀬戸市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ

首こりでお困りの方へ

首こり女性

急に首こりに・・・

今まで首こりなどしたこともなかったのに、急に首がこり始めて悩んでいるという人が多いようです。

パソコン作業などで手や眼を使いすぎたりした覚えもないのに、どうして急に首がこり始めたのだろうと思う人もいるでしょう。

首がこるようなことをなにもしてないのに急に首がこり始めれば、何か病気が隠れているのではないかと心配になります。

確かに、首こりが心臓の病気や脳の病気などが原因で起こることもありますから、油断は出来ません。

首こりの原因のほとんどは心配ないものが多い

しかし、そういう例は少ないです。心配のない原因のことがほとんどです。

一般的には

・姿勢(猫背、椅子に座る時に足を組む、横座りをするなど)

・日常の癖(ほおずえをつくなど)

・歯のかみ合わせ

・目の疲れ

・長時間の同じ姿勢

・運動不足

などが首こりの原因だと言われています。

しかし、これら一般的に言われていることは首こりの原因ではないと考えています。

当院の考え

当院では内臓の機能低下が首こりと関係していると考えます。

そして

・過去の手や足などのケガ(骨折、捻挫、靭帯の損傷など)

・外科手術(手術はある意味で体を傷つけるものです)

などによって、東洋医学で言われるいわゆる“気”の流れが悪くなって滞り、その影響で内臓が機能低下します。

内臓が機能低下すると、首こりに関係する筋肉に影響して、首こりが起きます。

図式であらわすと

ケガなどによって“気”の流れが滞る

内臓が機能低下する

内臓と関連のある筋肉が影響を受ける

首こり

となります。

首こりの施術

首こりの施術は、一般的には

・背骨などの骨格の矯正

・筋肉の調整

・テーピング

・低周波

などの方法でされることが多いです。

しかし、上記のような方法の場合、施術後楽になったとしても、慢性化した首こりだと2~3日程度しか持続しません。

その理由ですが、骨格の矯正や筋肉の調整などは、神経に対する調整をしているからです。

内蔵機能を高めるためには、神経に対する調整ではなく“気”の調整をする必要があるのです。

そのようなこともありますので、当院では骨格の矯正をせず、“気”の調整を主に行い、補助的に筋肉の調整をして首こりの症状に対応しています

首こりQ&A

.精神的ストレスは首こりに関係ありますか?

.はい。あります。

精神的ストレスは、内臓に影響を与えると言われます。

それは間違いありません。

でも、精神的ストレスが直接内臓に影響を与えるのではなく、間接的に影響を与えるのです。

精神的ストレス

“気”の流れが滞る

内臓が機能低下する

内臓と関連のある筋肉が影響を受ける

首こり

ということです。




春日井市、一宮市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ

肩こりをしっかりとした調整で改善したい方

肩こり男性

 

肩こりの原因と関係する筋肉

日本の肩こり人口は約1200万人と言われています。

肩こりは、体の不調箇所で女性が1位で男性が2位だそうです。

そして、肩こりを感じる筋肉は2種類あります。

肩甲挙筋と僧帽筋です。

さらに僧帽筋は、3つに分かれています。

上部繊維、中部繊維、下部繊維です。

肩こりの原因

ところで肩こりの原因は

・姿勢

・ストレス

・睡眠不足

・目の使いすぎ

・冷え

・運動不足

・歯の噛み合わせ

などいろいろなことが言われています。

確かに上に挙げたようなことはまったく関係ないとは言えないでしょうが、本当の原因は内臓が関係していると当院では考えています。

肩こりに関係する筋肉と内臓
肩甲挙筋・・・膀胱

僧帽筋上部繊維・・・尿管

僧帽筋中部繊維・・・十二指腸

僧帽筋下部繊維・・・大腸(下行結腸)

上のように肩こりに関係する筋肉と内臓を挙げましたが、さらに大元の原因は東洋医学で言われる“気”の流れの滞りです。

“気”は、体の内外を流れるエネルギーのことです。

“気”の流れが滞ると、内蔵機能が低下しその結果、筋肉に影響し肩こりの症状となります。

肩こりの施術

肩こりに対する施術は、肩周りの筋肉を調整したり、背骨などの骨格を矯正することが一般的です。

ですが、筋肉の調整、骨格の矯正では肩こりを改善させるには不十分です。

原因のところで書いたように、大元の原因は“気”の流れの滞りにありますので、“気”の調整をする必要があります。

“気”の調整をすると慢性になっている人でも早い場合には、1~2回の施術で良くなる人もいます。

もちろん肩こり歴が長い場合は、ある程度の回数は必要です。

体の歪みと肩こり

体の歪み 肩こりで検索すると、整体院のページなどが一杯ヒットします。

ページを順番に開いてみると、体の歪みは肩こりの原因になると書いてあるサイトがたくさんあります。

それを見られた方は、なるほど体が歪んでいると肩こりになるんだと納得される方も少なくないでしょう。

肩こりの症状を少しでも軽くするために、体の歪みを取ってもらいに整体院に通います。

体の歪みは肩こりとは関係ありません

体が歪んでいるから肩こりになるというのは間違いです。

私が、長い間整体をやってきて得た結論です。

体の中でどこかで働きが悪くなっているところがあるから、肩こりの症状が出るのです。

例えば、腸の働きが悪い時は、肩こりに関係する筋肉が影響を受けて緊張が強くなり、肩こりの症状が出るわけです。

その時に体を観察すると、体の歪みが大きくなっています。

それを見て整体の施術者は、体の歪みが肩こりの原因だと考えてしまうわけです。

ところで、私は過去にある整体技術の研修会にしばらくの間参加していました。

その研修会では、肩こりを初めいろいろな症状は、体の歪みが原因だと教わりました。

でも、実際に習った技術で施術を続けていると、その理屈は間違いだと気づきました。

と言うのは、体が大きく歪んでいてもまったく肩こりになったことがないという人がいたからです。

実際に、体の歪みが肩こりの原因だと言って施術をしている人の中には、私と同じように考えている人もいると思います。

でも、そのように言っておいた方が施術を続けるには、都合がいいのでしょう。

 

 

 

春日井市、一宮市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ

肩の痛みの施術

肩の痛みがある人に時々、肩はどうなっていますかと聞かれることがあります。

当院では肩の症状があっても、肩の症状とは関係のないところを触って施術をしますので、こういうことを質問されるのだと思われます。

肩の症状の原因は、別のところにあることが多いのですよと説明しても、なかなか納得していただけない場合もあります。

確かに肩に症状があれば肩が悪いとお考えになるのは、普通の感覚かもしれません。

肩の痛みでも体全体を考慮する必要がある

しかし、肩の症状の原因として、左の肩や腕に症状がある場合、心臓の働きが悪くなって症状が出ることがあります。

また、右の肩の症状の場合、肝臓の働きが悪くなって症状が出るときがあります。

その他、胸郭出口症候群のように肩の部分の筋肉・関節の働きが悪くなっている場合もあります。

しかし、左の肩に症状がある時に心臓・肝臓の働きに関係する筋肉、肩の部分の筋肉・関節の部分を、施術しても症状に変化がない時があるのです。

逆に腰・ヒザ・足の筋肉などを施術すると、肩・腕の症状が変化することもあります。

ですから、肩・腕の症状といっても、全身の状態を考慮して施術する必要があるのです。

それは、肩の症状だけでなく腰・足の症状も同じことが云えます。

 

 

 

犬山市、小牧市、各務原市、関市付近で整体をお探しなら、斉藤施療院にお任せ下さい。

斉藤施療院

◆TEL.0574-65-4279

◆営業時間 9時~12時 14時~21時

◆休   日 水曜日

◆住   所 岐阜県可児市今496-7

斉藤施療院ホームページ


尿漏れでお困りの方

尿漏れと骨盤の歪みは関係ある? 尿漏れは、骨盤の歪みは関係があると謳っている整体院があります。 そして、骨盤の歪みを正すと、臓器が本来の位置に戻るため、尿の漏れも改善すると言っています。 しかし、骨盤の歪みを正しただけでは、臓器の位置はそんな早く変わることはありません。 骨盤を...